人生再生論

誰でもできる習慣化の鉄則で人生を有意義にしよう

更新日:

この記事の所要時間: 52

あなたにはどのような習慣がありますか?

自分を成長させる習慣を作る事ができたなら、消耗生活からもより早く抜け出せるでしょう。

習慣には、良い習慣もあれば悪い習慣もあります。

それらに共通して言える事は、毎日ストレスなく行えているという事。

つまり、少し億劫な事も習慣化してしまえばストレスなく続けられるのです。

そこで、

今回は習慣化のメリットやどうやれば習慣化できるのかをお伝えしましょう。

この方法を使えば、どなたでも習慣を作る事ができます。

ぜひ、あなたも試してください。

そして、成長できる良い習慣を作ってみましょう。

小さな行動の積み重ねで大きな成果をつくる

習慣をつくるにあたって、まずは習慣がもたらす大きな影響をお伝えしましょう。

【メリット1】少ない心的努力で楽々行動できる

wikiを見てみると

習慣とは、(心理学用語)反復によって習得し、少ない心的努力で繰り返せる、固定した行動のこと。(引用元:wikipedia)

と記述されています。

この文章の少ない心的努力で繰り返せるという部分が鍵ですね。

簡単いうと、ストレスがあまりかからないということです。

朝歯を磨いたり顔を洗ったり、夜お風呂に入ったりする事はみなさん習慣になっていると思います。

この行動に対して毎日すごくストレスを感じている人はあまりいないのではないでしょうか。

毎日欠かさずにやっているにも関わらず、ストレスなくこなしているのです。

というより、ストレスがどうとか考えに至る前に自動で行っています。

【メリット2】やらない方が気になる

習慣である歯を磨くや顔を洗うことを仮にやめてみたとしましょう。

そうすると、どうでしょう。

やらなかった事がストレスになって嫌な気持ちになりませんか?

毎日行っている行動をしないと違和感を感じてそればかり気にしてしまう。

この原理を使えば、毎日欠かさずに行動を行う事ができるのです。

【メリット3】塵も積もれば山となる

毎日少しづつでも行動していると、それはやがて大きな成果となります。

そうです。

塵も積もれば山となるということです。

1日30分の勉強でも1年間で182時間30分の勉強時間になるのです。

これだけの勉強をストレスなくできるのが習慣です。

人生をラクして変えるためには、この182時間よりウンと少ない20時間で良いというお話も紹介しています。

合わせてお読みになると良いでしょう。

人生ラクして変えたいなら20時間用意しよう!

行動を習慣にするには、たったの66日あればいい

習慣のメリットが分かったところで、次に参りましょう。

習慣を作るっていうけど習慣っていつから習慣になるの?

という疑問が浮かんできます。

行動を習慣にする。

そのためには、たった66日あればいいのです。

ほぼ2ヶ月ということですね。

2ヶ月間行動が習慣になるように少しづつ生活していれば、

習慣化されてストレスなく行動を行えるようになるのです。

ということは、

習慣は1年で6こ作る事ができるというわけです。

良い習慣を6こも作れたら人生が大きく変わるでしょう。

習慣にさせたいなら「辛いこと」をしてはならない

習慣化するために、絶対に押さえておくべきポイントがあります。

そのポイントは、辛い行動はしないという事です。

では、なぜ辛い行動をしてはいけないのでしょうか。

辛い行動を取ると、まず大きなストレスがかかります。

人間の本能は、大きなストレスがかかる事はなるべく避けようとします。

習慣化させようにも本能がそれを拒むようなら、一生習慣にする事はできないでしょう。

そのため、本能が危険信号を出さないように行動をしていかなければなりません。

運動していない人がいきなり5kmのランニング習慣を身につけようとしても無理な話なのです。

本能には逆らえない事を覚えておきましょう。

自分の範囲を半歩はみ出す行動が鍵

では、辛い行動をとらないならどうすればいいんだと思いますよね。

そのための方法があるのです。

それは、自分の行動範囲から半歩はみ出す程度の行動を続ける事です。

運動していない人が5kmのランニングを習慣にするためには、何回も段階を踏む必要があるのです。

まず、今の生活から半歩はみ出す行動を考えるのです。

運動していない人であれば、帰り道少し遠回りして歩いて帰ってみる休日に10分ほど散歩してみるなど

体を動かす感覚に触れてみる事から始めてみると良いでしょう。

半歩はみ出た行動に慣れてきたら、もう半歩はみ出した行動をとる。

この繰り返しで行動範囲を広げて習慣化を目指しましょう。

重要なのは半歩という部分です。

自分の行動範囲から仮に一歩はみ出た場合、それは通常とは異なった行動として本能が察知します。

そうするとストレスがかかり辛い行動になってしまいます。

半歩であれば、半分が日常の行動なので通常行動として本能がみなし、ストレスなく行えます。

半歩を意識して行動しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

習慣にするにはたったの66日あればよかったのです。

この66日を使うことで、あなたは消耗生活から抜け出す習慣を身につける事ができます。

塵も積もれば山となる行動が消耗生活から抜け出し自由な生活へ行ける大きな武器になるでしょう。

ぜひ66日の法則を試してみてください。

習慣化することでストレスなく行動できる

塵も積もれば山となる行動で大きな成果が出る

辛い行動は厳禁

日常生活から半歩はみ出す行動の積み重ねが大切

 

  • この記事を書いた人

ファルコン

社会人5年目 男 26歳。 デザイン業界に勤めているが、毎日消耗する生活に嫌気がさす。 勤め人を辞めて、好きな事で生きていくために人生再生ブログを立ち上げる。 消耗生活から抜け出すための知識を集め発信する。 好きな事で生きていく。

あなたにオススメの記事

-人生再生論
-

Copyright© 消耗生活なんてもうイヤだ! , 2019 All Rights Reserved.