人生再生論

人生がつまらない理由は挑戦していないから!フロー体験で楽しさと喜びを味わおう

投稿日:

この記事の所要時間: 63

人生がつまらないのは挑戦していないから

フロー体験は時間の経過を忘れて楽しさと満足感を得ることができる

主体性を持って挑戦することでフロー状態になる

ファルコン
最近人生がつまらないなぁって感じるんだよねぇ
もしかしたら、自分にできる範囲の簡単な行動しかとってないのではないですか?
マスター
ファルコン
たしかに、仕事も慣れたし、友達とも決まった話題で決まった事しか話さないし、、同じ毎日の繰り返しって感じはあるな
そうですか、ファルコンくんはフロー体験をしたことはありますか?

フロー体験をすれば、活気溢れる人生になって毎日が楽しくなりますよ。  

マスター
ファルコン
フロー体験?なんだそれは。誰にでもできるのか?
もちろん、誰にでもできます。

では、つまらない人生を楽しくするフロー体験についてお話しましょう。

マスター

つまらない人生は挑戦のない人生だ

つまらない人生とは、何も面白みがなく退屈な人生のことをいいます。

人生の面白みとはどういった所で登場するのでしょうか。

それは、あなたが挑戦をした時です。

映画にしろ小説にしろ、主人公が新しいアクションを起こした時、物語は進みます。

あなたの人生もそうです。

あなたが新しいことに挑戦をした時にあなたの人生は面白くなっていくのです。

挑戦から逃げるな

学生時代は、たくさんのイベントがあり強制的に参加させられていました。

そこで、新しい挑戦を外部から与えられていたので何も自分から行動しなくても挑戦をしなくてはならなかったのです。

しかし、大人になるにつれて挑戦から逃げることを選択できるようになるのです。

挑戦から逃げ続けると、外部から挑戦する機会を与えてくれなくなります。

その結果、あなたは挑戦の仕方を学ぶことなく生きてきてしまったのです。

挑戦から逃げたあなたにはつまらない人生しか待っていません。

挑戦は人生を豊かにする楽しいコト

挑戦と聞くと、苦しくて大変でストレスのかかるコトだから、なるべくなら関わりたくないと思うでしょう。

しかし、その大きな誤解を解かない限り人生が楽しいものにはなりません。

挑戦は人生を豊かにする楽しいコトなのです。

なぜかというと、挑戦していると訪れるフロー状態を体験することができるからです。

フロー体験のことを知り、挑戦する人生で楽しい日々を過ごしましょう。

楽しさと満足感のあるフロー体験とは

フロー体験とはどういった体験なのでしょうか。

フロー体験は、誰しも一度は経験していると思います。

「あれっ!?もうこんな時間経っているの!」

と思ったことはありませんか?

この体験は、あなたがフロー状態に入っていて時間を忘れてその事に集中していたということです。

この体験がまさにフロー体験なのです。

「もうこんな時間経ったの?」と思った時っていつも楽しい時ではありませんか?

フロー体験に入っている間は、とても楽しい時間なのです。

そして、それが終わった時に満足感を感じます。

この感覚を味わうために、あなたは挑戦するのです。

フロー状態は適度な緊張と適度なリラックスの間にある

フロー体験がどういったものか分かったけど、実際どうやったら入れるの?と疑問に思うはず。

フロー状態は緊張とリラックスの間に存在をします。

なので、あなたがもうすでに出来るコトをするだけではフローに入ることはできないのです。

なぜなら、あなたは緊張することなく行えてしまうからです。

あなたが出来ることのもうワンランク上の挑戦をした時に緊張が生まれます。

あまりにも高すぎる挑戦だと緊張が優ってしまって体も思考も固まってしまいます。

なので、自分の能力にあったランクを見つけて挑戦してください。

フロー状態に入るためには主体性が必要

フロー状態に入るためには心構えが必要です。

その心構えとは主体性を持つというコトです。

自らが選んでこの挑戦をしているという気持ちがないとフロー状態になることはできません。

なので、「人から頼まれて嫌々やっている」だとか「本当はやりたくないけどしょうがなくやっている」なんて

考えがあるとフロー状態に入ることができないのです。

自分が自ら選んでやっているという主体性を持つことがフロー状態に入るための心構えなのです。

没頭できるコトを見つける

自らが主体性を持って没頭できるものが見つかれば、フローを体験する挑戦ができるでしょう。

「没頭できることが見つからないからつまらない人生を生きているじゃないか」と思うかもしれません。

では、没頭できるものをどうやったら見つけることができるのでしょうか。

没頭できるものを見つける鍵となるのは、あなたの過去のフロー体験です。

あなたがフロー体験をしたコトを思い返して見てください。

例えば、部活で練習しているときにフロー状態に入ったことがある人は運動をするとフローに入りやすいのかもしれません。

もしくは、甲子園を目指していたなら優勝するという大きな目標がフローへの入り口なのかもしれません。

それとも、絵を描いている時や物を作っている時にフローに入ったのならば制作することがフローへの入り口かもしれません。

あなたが没頭できるコトを見つけることができるのは、あなた自身しかいません。

あなたの心が進みたいと思っている方向に進んでいくと没頭できることが見つかります。

過去のフロー体験をキッカケに、新しい挑戦をしていきましょう。

ここまで読んだあなたは、つまらない人生を変えて楽しい人生にしたいと強く思っているでしょう。

それならば、挑戦をしていきましょう。

あなたが行動した時に、あなたの物語が動き出します。

まとめ

いかがでしたか
マスター
ファルコン
つまらない人生は挑戦のない人生だって心に響いたよ、、、

確かに最近挑戦してないなって、、改めて思った、、

挑戦は決して苦しく大変なものだけではありません

そこに楽しさがあるから挑戦ができるのです。

そして、フロー体験を味わうと挑戦の喜びが実感できるでしょう。

マスター
ファルコン
これから、主体性をもって挑戦してくよ!

ありがとう!マスター!

 

人生がつまらないのは挑戦していないから

フロー体験は時間の経過を忘れて楽しさと満足感を得ることができる

主体性を持って挑戦することでフロー状態になる

  • この記事を書いた人

ファルコン

社会人5年目 男 26歳。 デザイン業界に勤めているが、毎日消耗する生活に嫌気がさす。 勤め人を辞めて、好きな事で生きていくために人生再生ブログを立ち上げる。 消耗生活から抜け出すための知識を集め発信する。 好きな事で生きていく。

あなたにオススメの記事

-人生再生論
-

Copyright© 消耗生活なんてもうイヤだ! , 2019 All Rights Reserved.